ペット保険のメリットとデメリットとは

ペット保険のメリットとデメリットとは

ペット保険のメリットとデメリットとは 大切な家族同然のペットに何かあった時には、治療費は全額自己負担となってしまいます。経済的にも大きな負担となってしまうのは間違いありません。
しかし、ペット保険に加入しているとなると、高額な治療費を軽減できるというメリットがあります。

さらに、保険に加入していることの安心感もあり、よりペットとの生活をしやすくなるはずです。
また、特約の場合は、賠償責任の補償を受けることもできます。こういった理由からペット保険に加入する方は多数います。

一方ペット保険のデメリットになるのが、保険料がかかることはもちろん、保険金が不十分だと感じることもある、ということです。
保険の契約期間中で一度も病院に行っていない場合でも保険料は支払う必要があり、保険料自体が経済的な負担となってしまいます。
さらに、定率補償の場合は、治療費50%程度は負担をしないといけないことも多いです。

大型の動物の場合は手術の時には数十万円もの手術費用がかかることも珍しくありません。
定率補償だとその中から半分程の自己負担分が発生します。

決して安くはない保険料を考えると、不満に思う方もいるでしょう。
こういった点を加味して加入するかどうかをきちんと考えるべきでしょう。

最新記事